税理士の存在が

会社を設立した直後からやらなければいけない事は沢山あります。県税の事務所や税務署などに税務の届出は確実に行わなければならないですし、法人を設立する時には届出書などには、設立時の貸借対照表などの書類を添付しなければなりません。もちろん届出には、青色申告の承認申請書であったり、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書などをはじめとした沢山の専門的な書類を準備して提出する必要があります。しかし、これまで税に関して専門的な知識が無かった方にとってはとても難しい内容になっております。ただでさえ大変な会社設立直後の状況を手助けしてくれるのが税理士なのです。

税理士は会社設立直後だけでなく、様々な分野で必要になってきます。例えば、所得税の源泉徴収事務であったり、決算の申告や税務の届出などはもちろんの事、事業者の場合には会計記帳の義務なども関わってきます。このような手続きは非常に難解で面倒な物が多く、書類を揃えるだけでもかなり時間を使います。そんな時には代りに税理士の方に依頼すれば、すべて滞りなく手続きを行ってくれます。

こういった定期的な業務以外にも、日々の経営を税金の面からアドバイスしてくれるのでとても重要な存在であると言えます。

節税にも

税理士と顧問契約を結ぶという事は、やはりそれなりにお金がかかってしまいます。会社を設立した直後であれば、停滞出費になると思われるかも知れません。しかし、会社を経営するということは目の前のことだけを考えるのではなく、10年先、20年先を見据えて動く必要があるのです。

大きな会社を設立しようと思っている場合には、会社の設立費用がかさんでしまう可能性があります。また、会社設立時には沢山の処理であったり、登録などを行う必要がありますので、小出しにお金が減って行ってしまいます。そのため、どうしてもいければ出来ないという事ではない税理士との顧問契約を軽く見てしまう可能性があり、落ち着いてから改めて考えようと税理士との顧問契約を先延ばしにしている経営者も少なくありません。

しかし、会社を設立する前段階から税理士と顧問契約を結んでおけば、節税のノウハウを教えて貰ったり、納税に関するアドバイスをしてくれます。顧問弁護士との契約料などがかすんでしまう程の利益がありますので、お金がかかるからと言って顧問契約を結ばないのは勿体無いという事になります。会社を末永く経営しようと思えば、税金は逃れられない分野になります。安定して経営して行くためにも顧問税理士は重要になります。

お金を集めるときに

初めて会社を設立する時に最も頭を悩ませるのは、やはり資金の事だと思います。会社を設立するにはどうしてもお金がかかってしまいます。もちろん色々な所で節約する事は可能なのですが、それでも最低限の出費は覚悟しなければいけません。

会社を設立する時には多くの経営者が銀行などから融資を受けるようになるのですが、初めて会社を設立する方には銀行の融資もあまり良い顔をしません。なぜなら、銀行の融資というのはこれまでの実績を最も大きな評価対象と考えるからです。そのため、一般的な銀行はこれまでの会社の実績に合わせて返済できる能力を審査し、融資が実行できるかどうかや、融資ができる場合には融資可能な金額を判断しているのです。

しかし、これから初めて会社を設立しようと思っているのに、過去の実績で判断されてしまうという事は、実績がゼロの状態での融資になりますので、設立される会社がどれだけしっかりとした会社であったとしても、経営者側が納得のいくような融資は受けられないかも知れません。そんな時に頼りになるのが税理士なのです。税理士は、審査の材料とされる書類の作成などを専門的な分野から手助けしてくれますので、銀行側が納得してもらえるような状態まで持って行ってくれるのです。

会社設立と税理士

これから初めて会社を設立しようと思っている方は、期待と負担で胸がいっぱいだと思います。本当に会社を設立してやっていけるのかや、人は集まってくれるのかなど色々と心配な部分も多いと思います。また、会社を設立するにあったっての手続きも非常に難しかったり面倒な部分も多く、間違った書類を作成してしまったり、そもそも書類を作成するのを忘れてしまったりする可能性があり、後々で大変な目に遭ってしまう可能性もあります。

その為、日本にある中小企業のほとんどが税理士のアドバイスを受けながら経営をしており、多くの方が会社を設立する前の設立準備の段階から顧問契約を結んでアドバイスを受けているのです。

しかし、会社の設立時には色々な所でお金がかかってきますので、できるだけ出費は抑えたいと思っている経営者の方は多いと思います。その為、会社を設立する時に手続きが必要な状況は分かっているけれど、税理士と顧問契約を結ぶかどうかで迷ってしまうという経営者も少なくありません。

そこでこちらのページでは、なぜ会社設立する前から税理士と顧問契約を結んだ方が良いのかを、分かりやすくまとめてみました。会社設立の時に税理士が代わりに行ってくれる役割はもちろん、なぜここまで会社設立する時に税理士の力が必要とされるのかという根本的な理由などについてまとめていますので、税理士と顧問契約を結ぶかどうかを迷っている方は、ぜひチェックしてください。