税理士の存在が

会社を設立した直後からやらなければいけない事は沢山あります。県税の事務所や税務署などに税務の届出は確実に行わなければならないですし、法人を設立する時には届出書などには、設立時の貸借対照表などの書類を添付しなければなりません。もちろん届出には、青色申告の承認申請書であったり、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書などをはじめとした沢山の専門的な書類を準備して提出する必要があります。しかし、これまで税に関して専門的な知識が無かった方にとってはとても難しい内容になっております。ただでさえ大変な会社設立直後の状況を手助けしてくれるのが税理士なのです。

税理士は会社設立直後だけでなく、様々な分野で必要になってきます。例えば、所得税の源泉徴収事務であったり、決算の申告や税務の届出などはもちろんの事、事業者の場合には会計記帳の義務なども関わってきます。このような手続きは非常に難解で面倒な物が多く、書類を揃えるだけでもかなり時間を使います。そんな時には代りに税理士の方に依頼すれば、すべて滞りなく手続きを行ってくれます。

こういった定期的な業務以外にも、日々の経営を税金の面からアドバイスしてくれるのでとても重要な存在であると言えます。