会社設立と税理士

これから初めて会社を設立しようと思っている方は、期待と負担で胸がいっぱいだと思います。本当に会社を設立してやっていけるのかや、人は集まってくれるのかなど色々と心配な部分も多いと思います。また、会社を設立するにあったっての手続きも非常に難しかったり面倒な部分も多く、間違った書類を作成してしまったり、そもそも書類を作成するのを忘れてしまったりする可能性があり、後々で大変な目に遭ってしまう可能性もあります。

その為、日本にある中小企業のほとんどが税理士のアドバイスを受けながら経営をしており、多くの方が会社を設立する前の設立準備の段階から顧問契約を結んでアドバイスを受けているのです。

しかし、会社の設立時には色々な所でお金がかかってきますので、できるだけ出費は抑えたいと思っている経営者の方は多いと思います。その為、会社を設立する時に手続きが必要な状況は分かっているけれど、税理士と顧問契約を結ぶかどうかで迷ってしまうという経営者も少なくありません。

そこでこちらのページでは、なぜ会社設立する前から税理士と顧問契約を結んだ方が良いのかを、分かりやすくまとめてみました。会社設立の時に税理士が代わりに行ってくれる役割はもちろん、なぜここまで会社設立する時に税理士の力が必要とされるのかという根本的な理由などについてまとめていますので、税理士と顧問契約を結ぶかどうかを迷っている方は、ぜひチェックしてください。